タトゥーを除去する方法 皮膚ごと切り取る切除縫合の特徴

ワンポイントなど比較的小さなタトゥーを除去する際に選ばれることが多いのが切除縫合法となります。基本的には図柄の形にそって皮膚ごとメスで切り取り、その傷口を縫合することになるのですが、図柄を切り取ってしまうことになりますから色素によってはなかなか除去することができないレーザー施術とは違い、完全に除去できるのが特徴となります。ただし皮膚を多く切り取ってしまう関係もあり、縫合跡はどうしても残ってしまうことになります。個人差はありますが、人によっては縫合跡にケロイドが強く出てしまう場合もあり、やはりタトゥーを入れる前と同じような状態に戻すことは難しいのです。ただしそれでも技術の発展によりなるだけ傷跡を目立たなくさせるような施術も行われていて、たとえばジグザグに皮膚を切除して縫合することによって縫合跡が強く引っ張られることなく済む縫合法などでは、その後あまり傷跡が気にならない程度に薄く仕上げることができますし、また美容医療の知識が深いクリニックでは、傷跡に特殊なレーザーを照射することでコラーゲン生成を促進させてより美しい仕上がりを可能としているのです。切除縫合手術といっても肌の質やタトゥーの形状や部位によってはやり方は違ってきます。事前にしっかりとカウンセリングしてくれるクリニックを選ぶべきですし、できれば費用の説明もしっかりしてくれる施設では、高い技術で施術を行ってくれる傾向があるようです。